Archive RSS Login

溢れるMGS愛:PHILOS-ANTHROPOS

MGS語りや小説、考察?落書きと、愛しかない一風変わったMGS日記(不定期)

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


Category: 小説【もくじ・関連記事】 >  └旧・戦場の魔法使い [続]  

[旧] 戦場の魔法使い1:MGS小説もどき。初めての小説はこんなでしたという記念に(笑)

 
ナイフは使わないと決めていた。
必要に駆られない限りは。


殺した時の手応えがありすぎて、それに引きずられそうになる。
敵の命が消える瞬間。
それを奪ったのだという確証。

銃でも仕留めたかどうかは分かったが、それとは全く違った生々しい感触だ。


ナイフを使う任務は、大抵サイレント・キリングだ。
気づかれないように近づき、気づかれた時には命を奪っていなければならない。

敵に近づく時、自分の五感が研ぎ澄まされるのを感じる。
目はよく見え、耳は敏感になり、殺す相手の鼓動や、息遣いまでもを近くに感じる。

相手を感じれば感じるほど、相手と一体化するほど、自分の存在が消えたような感覚に陥る。
俺はやつだ、と。

殺しの瞬間、拘束した相手の体温、ナイフを突き立てた時の肉の手応え、温かな脈。
自分の心臓の鼓動を大きく感じる、全身で。脈拍数は上がり、体温も、息も上がる。
生きている。今を。


暗殺は一瞬の勝負だ。
回を重ねるごとに手際は良くなり、反り血も浴びなくなっていったが、いまだに初めての時の感覚は忘れられない。

実戦の経験は既にあったが、そんなものは全く当てにならなかった。

無我夢中だった。今思えば、下手な殺しだ。
切り口は乱雑で、反り血を大量に浴びた。温かだった。濃い血液の匂い。

浴びた血はすぐに冷たくなり、殺した相手は脱力していた。
ああ、こいつは死んだと分かった。死体だ。もう肉の塊だ。

瞬きをした。忘れていた。
息を吐いた。止めていた。

汗が吹き出た。息は荒かった。やっとの思いで一仕事を終えた。

そして気持ちが高ぶった。

もう取り返しのつかないことをしたという瞬間、人間はまるで焦れるような感覚を感じるのだと知った。
無性に女が欲しくなった。

自分が、そして相手が、獣になったように感じ、これは自然の摂理なんだと感じた。

生き残った歓喜。勝ち残った、俺が!



戦場から戻ると、それはやってきた。

まとわりつくように、俺の中に居座るそれ。なんだか分からないものだ。
ただ重苦しい。

時にはそいつは、殺した相手になったりした。忘れない、やつの顔。死んだ顔。
死んだ顔のまま、目を開き、俺を見ている。

見ないでほしかった。


殺人の後遺症には色々ある。
知識くらいはあった。苦しむかもしれないと思ってはいた。
兵士にはよくある事だ。弱い奴ほど苦しむ。

自分を弱いとは認めたくなかった。
その強がりだけが、俺にとっての支えだった。随分と頼りない気がした。

殺すことなんか、たいした事じゃない。朝食で、パンにバターでも塗るようなもんだ。
毎度、自分にそう言い聞かせ、殺した。
銃でも、ナイフでも、関係なかった。
だが、初めてのあの瞬間ほどの喜びは、二度と訪れなかった。

俺の中の何かのせいだ。


やがてそいつは違ったものになりだした。
奇妙に聞こえるかもしれないが、俺の嫌っていたそいつが、いつの間にか、俺のなりたかったものに姿を変えていたのだ。

殺す事は自然なことだと、俺に訴えるようになっていた。

不思議なもので、そうなるとむしろ以前のままの自分でいたくなった。
獣にはなりたくない。人間のままでいたい。

だがそいつは日に日にでかくなる。
俺を獣にしようとするもの、俺を俺でなくするもの。
俺を侵食するもの。

殺すことで、生き延びることで、高まり、生きていると感じる。
紛れもなく、初めての時の俺だ。


笑える話だ。
俺はずっと俺自身に怯え、俺自身にに責められ、やがて俺自身に駆り立てられるようになっていた。
そんなになりたいなら、なりたいものになればいい。

殺しを喜び、命を奪い合うことに、生き残ることに、生きている実感を感じればいい。
俺にはそれしかないのだから。

そう、俺にはそれしかない。


逃れられないなら、順応するしかない。

悪あがきとは分かっていたが、俺はナイフを使うのをやめた。とどのつまり、俺にはナイフは向いていなかった。

感覚が鋭敏になりすぎて、感じたくないものまで感じる気がした。
相手の恐怖や、死の瞬間に感じる想いまでもを。
果ては自分を殺すような錯覚を覚えたりもした。

腕を惜しまれたが、関係なかった。


銃は、俺には丁度いい武器だ。

相手を好きにできる距離はよく分かっていたし、距離がある分、死ぬ相手を直に感じなくてすむ。
ナイフを愛するやつらには、臆病者の武器だと言われるが、臆病者で結構だ。

殺す相手への流儀がないと言うやつもいる。確かにそうかもしれない。命をいただく重みが、ナイフにはある。
あの一体感を愛せるなら、それもいいだろう。
俺はごめんだった。


小さな弾丸が、俺の刃の変わりだ。
銃口を向ければ、相手の存在は感じられた。不自由は感じなかった。
どうするか、思いのままだ。

ナイフを使わなくて済むからというのもあるだろう、俺は銃を特別愛した。
どんな距離からも、銃を使った。
あらゆる銃器に対応できるよう、おのれを鍛えた。


やっと楽になった気がしていた。
殺す相手に敬意を払い、引き金を引けばいい。お前を殺し、俺は生き延びる。

いざ戦闘になれば、どう相手を無力化していくかだけに頭を使う。後は体が勝手に処理する。
慣れたものだ。もう戦場が、俺の庭だった。

恐れもなく、喜びもない。だが苦しんでいるよりは、断然この方がいい。

泣いても笑っても、自分には殺すしか能力がない。
戦うこと、それしか。

だから順応した。生きていくためだ。


いつしか、俺の中の俺も、姿を見せなくなっていた。






「オタコン、このナイフなんだが」

白髪の老人が鉄階段を降りながら腰をかがめ、階下を覗き込む。
ソリッド・スネーク。伝説の英雄と謳われた歴戦の傭兵だ。
しかし寄る年には勝てないのか、腰をおさえて顔を歪める様は、オールド・スネークの呼び名の方が相応しいかもしれない。
実際の年齢は40代前半だが、遺伝子操作のためらしい、急激な老化が進んでいた。

個人所有の大型専用輸送機、ノーマッドと名付けられたその機体の内部には、中型多目的ヘリコプターが格納され、その前方に、簡易的ながら、居住空間が設けられている。
階段を上がると簡易キッチンもあり、狭いながらも一通り生活には困らない作りだ。

階下には机が二つ、どちらにも複数のモニターが配置されている。
その片方に向かって何事か作業中だった男が振り返り、眼鏡を押し上げながらスネークを見た。
オタコンと呼ばれたその男は、年の頃は30代後半から40過ぎほどに見え、暗い茶色の髪を無造作に後ろに流している。
こちらも実際にはまだ30代前半、しかし老けて見えるのは単に個性だ。

「ナイフがどうかした?」

尋ねられ、階段を降りきったスネークは、手に持ったサバイバルナイフをひらひらと振った。

「何とかならないかと思ってな」
「何とかって?」

唐突な話の先を促して、オタコンは首を傾げる。
こういう時には、スネークは何か説明したいのだ。言葉が出てこなくて、謎かけのようになる。

「ああその、つまり…今回はナイフも携行したい。正直肉弾戦にはもう自信がないからな」
「うん。いい考えだと思うよ」

「でだな、何かこう…麻酔銃みたいな事にはできないか?」
「麻酔銃?改造して麻酔弾を撃てるようにするってこと?オルガのみたいに」
「いや、そういうんじゃない」

話の要領を得ない。
どうやらスネークは、ナイフを何かの形に改造したいみたいだけど、具体的にどうしたいんだろう。
オタコンは考えを巡らせる。
この老兵は、テクノロジー関係には驚くほど頭が働かないのだ。それも若い頃から。実は何かの魔法と勘違いしているのかと思うくらいに。

「撃つなら銃を使う。ナイフとして使いたいんだ」
「殺傷能力を低下させるってことかい?例えば刃を切れないようにする…みたいな」
「いや待て、いざって時には切れてくれないと困るだろう」
「そうか、切れ味は残したいんだね」
「当然だ」

何を寝ぼけた事を言ってるんだ、こいつは。
しごく真面目に話をするオタコンに、スネークは眉をひそめる。
もしかしてからかわれているんじゃないか?
そんな疑いをよそに、目の前の男は合点がいった、という風に頷いた。

「要するに切れるナイフで、殺さないように戦いたいってわけだ。面白いね」

言葉にされると、今度は何だか自分の方が寝ぼけた事を言ったような気になる。
そう言われると、無理難題を持ってきたのかもしれないと思った。
だが、目の前の一見冴えない男は、以前は兵器開発の第一人者だった男だ。作った兵器の技術が、今や世界的な無人兵器のスタンダードになっているくらいの。
だから何とかなるだろう。

「ああ…まあそうだ。できそうか?」
「君もなかなかワガママ言うようになったねぇ。さしずめ僕は魔法使いか何かだな」

オタコンは楽しそうに笑った。
そうすると下がり気味の目尻が更に下がって、人懐っこい表情になる。とても兵器を作ろうかという人間には見えない。
それを見下ろしながら、スネークはさも当然、という顔で言ってのけた。

「お前だったらその程度、朝飯前だろう」

やっぱり魔法使いだ。オタコンは心の中で呟く。
科学技術で何でもできると思ってるのかな、君ってやつは。たまに小さな男の子を相手にしてる気になるよ。
夢を壊したくないとか、そういうわけではないけれど、できないと思われるのは癪なので、いかにも簡単です、という顔で答えておく。
実際やってできないことはないだろうし。

「とりあえず何か考えてみるよ」
「そうか。頼んだぞ」

スネークにそう言われると、オタコンはいつでも、誇らしい気持ちになるのだった。
伝説にもなった男に認められている満足感、期待に応えたいと思う。
それに、今回は特別うれしい頼み事だ。
人を殺さないための方法を、考えてくれというのだから。

用件は話した、とばかりにまた階段を上がっていくスネークを眺めながら、オタコンは頭を働かせる。
殺傷能力のない武器を、色々と頭に思い描いてみた。

「銃が麻酔銃なんだから、ナイフだと…ねぇ」

相手は死なない、けれどなるべくなら瞬時に戦闘不能にできる物でなければ、スネークが危ない。
一瞬で睡眠、気絶…。
おぼろげながらイメージが湧いてくる。

それにしても、スネークがこんな頼み事を持ってくるなんて意外だった。
ナイフを使う気になったのも意外なら、非殺傷武器を積極的に使おうとするのも、今までにはなかったことだ。
暫く現役を離れて、殺生に対する考えを改めたのだろうか。だとしたら、オタコンにはこんなにうれしいことはない。
人が死ぬのは、たとえ敵であっても見たいものではなかったが、特にスネークが人を殺すところは、見ると胸が締め付けられるように痛んだ。
だからオタコンは、いつでも彼に対して、殺さなくてもいいんだよ、なるべく穏便にと、潜入の度しつこく言ってきた。
スネークも、言われればできないとは言わない。
1人の命も奪わずにこなした任務も1つや2つではなかった。

それが影響しているかどうかは分からない。けれどもスネークは、一見あまり変わらないようでいて、実は出会った頃からすると随分と変わった。
敵に関する対処法にしても、そうだ。
排除する際に命を奪ってしまう方が、後々の潜入が楽になる場合がある。
二人が出会ったシャドーモセス事件の当初、スネークはそういう場合、躊躇せずに敵兵を殺そうとするようなところがあった。
元々グリーンベレーの出身で、初めての従軍は湾岸戦争だったというし、イラク兵の西側諸国の兵への徹底抗戦ぶりは有名だ。
きっと想像もつかないような戦闘経験を積んできたんだろう。
そもそも「恐るべき子供達」計画と呼ばれるクローン実験で、伝説の傭兵たるビッグボスから人為的コピーとして作られた彼は、まさに戦うためだけに生まれてきた戦士だ。

コンビを組んだ当初は、よく文句を言われたものだった。
お前は甘い、と。









つづく



 

web拍手 by FC2


スポンサーサイト
テーマ : 二次創作:小説    ジャンル : 小説・文学
06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

◆プロフィール

輝思回生

Author:輝思回生
MG、特にMGSシリーズをこよなく愛しています。
こそこそしたり、遠くから眠らせたり、後ろから忍び寄って脅してみたり、なんて私にぴったりなゲームなんだ!

とにかくオタコンびいきです。
オタコンならば何でもいいという!(笑)
そしてスネークおじいちゃんのお髭愛も!

◆ページ移動【ジャンプ】

お目当てのページに飛ぶ時にどうぞ!

◇カテゴリ(古い順に1件ずつ表示)
+のカテゴリはクリックで開きます。
最新記事からお読みになる場合、ジャンプ移動で最後からお読みください。
小説は下に行くほど新しいです。

openclose

◆遊びに来てくれた方
ご訪問ありがとうございます!
◆読みたい記事を検索!
◆メールフォーム
文章の他に、添付ファイルも送れるようになりました!
◆ページ移動【ジャンプ】

お目当てのページに飛ぶ時にどうぞ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。